債務整理や交通事故などのトラブルは専門家に相談すると良い

後遺障害

並ぶ弁護士

交通事故で後遺障害の補償を受けるためには、まず等級の認定手続きが必要です。この手続きには医師に後遺障害診断書を作成してもらうのが絶対条件です。接骨院だけに通っていたような場合、柔道整復師は医師ではないため診断書の作成が出来ません。このため接骨院で治療を受ける場合は並行して病院で少なくとも月に1回は受診することが必要です。さて後遺障害診断書の他にもレントゲンやMRI等の検査資料が必要です。重度後遺障害の場合は、医師への照会状や家族からの日常生活報告書といった書類も必要になります。また交通事故と後遺障害との因果関係が微妙な場合も様々な資料が必要になります。場合によってはカルテが全て必要なこともあります。

交通事故による後遺障害の補償は、高い等級ほど多くなります。後遺障害の等級に納得できない場合は異議申立てを行うことが可能です。この場合は、最初の後遺障害申請と同じ資料を出しても全く意味がないため、新たな資料を提出しなければなりません。異議申立ては何度も行うことは可能ですが、一度行っても等級が変わらない場合はその後の異議申立てはまず無駄に終わります。それでも納得出来ない場合は訴訟を起こして裁判所に判断を仰ぐ方法があります。交通事故で裁判になるケースはよくあり、後遺障害等級が争点になることもよくありますが、やはり裁判官も医師でもないため、どのような資料を出してもそこで等級が上がるケースはほとんどないのが現状です。