債務整理や交通事故などのトラブルは専門家に相談すると良い

社会福祉士

植物とキーボード

社会福祉士という資格は国家資格の一つであり、精神保健福祉士や介護福祉士とならんで三福祉士の中のひとつになります。社会福祉士の概要としては福祉のためにある社会資源を病気で治療が必要な人や障害がある人、介護が必要な人などが利用できるようにサポートする資格になります。社会資源を利用するためには専門的な知識が必要であり、一般の人が手続きを行うことは非常に難しいです。また、どの様な社会資源が利用できるのか自体を多くの人は知らないため、利用者の状況に応じて適切な社会資源の利用を提案するのが社会福祉士の仕事になります。そのため、福祉関係の職場には必ず必要な資格であり、多くの病院や介護施設において需要があります。特に高齢化社会のため、高齢者福祉の分野には求人が多いです。

社会福祉士が活躍する職場で多いのは、病院や介護施設における相談室になります。現在の医療は細かく役割分担がされており、長く入院することは出来ません。そのため、転院先などについての手続きは早期から行います。また、病院では費用に関することでの相談が非常に多いです。社会資源を上手に利用して出来るだけ費用の負担を小さくするようにアドバイスを行います。また、病院から自宅に復帰する際には、自宅での生活がうまくいくようにその後の社会資源の利用についてもサポートを行います。特に高齢者の場合には退院しても介護が必要な場合が多いです。そのため、自宅の環境整備や改修に対するアドバイスを行うとともに、介護保険サービスの利用ができるようにケアマネと連携しケアプランを立てる手伝いをします。