債務整理や交通事故などのトラブルは専門家に相談すると良い

自己破産

自己紹介しあう男性

 少し前に、クレジットカードでドンドン買い物をした挙句に返済不能状態に陥り、自己破産の手続きをする人が続出した時期がありました。カード破産という言葉がニュース番組などでよく用いられていましたから、記憶に残っている人が大勢いるのではないかと思われます。身の丈に合わないお金の使い方をするとこんな結果になってしまうという警鐘を鳴らす目的で、自己破産のニュースが頻繁に流されていました。しかし、借金を返すことができなくなっても、自己破産すれば借金から解放されるのだから何の問題もないという誤った受け止め方をした人がたくさんいました。そのため、あまり深く考えずに自己破産手続きを取る人が大勢出現しました。ですが、自己破産にはメリットだけでなくデメリットもたくさんあります。数ある債務整理方法の中で、自己破産はあくまでも最終手段的な方法なのだということが徐々に認知されるようになり、最近では自己破産する人が減少するようになりました。

 数年前から過払い金請求訴訟がたくさん起こされています。これは、債務整理の一種である任意整理手続きを取った際に発生する可能性がある過払い金の返還を求める訴訟です。法律が改正されてグレーゾーン金利が完全撤廃されたことにより、過払い金を返してもらえる可能性が生まれました。とはいえ、過払い金の返還請求権は消滅時効にかかりますので、あと数年で、過払い金返還訴訟は起こらなくなると考えられています。しかし、債務整理を行うことによって実現できることが、過払い金の返還請求だけに限られているわけではありません。そもそも、自己破産以外の債務整理方法は、借金の総額を圧縮して現実的な返済が可能になるようにすることに主眼が置かれています。いつの時代にも借金問題で頭を悩ませる人が存在していますが、今後は任意整理や民事再生といった方法で、借金問題の解決を図る人が多くなるだろうと予想されています。